移動式マルチオフグリッドコンテナBOX

移動式マルチオフグリッドコンテナBOXの特徴魅力的な特徴・機能をご紹介

容易な移動と設置

設置場所を選ばない機動力
容易な移動と設置

移動式マルチオフグリッドコンテナBOXは、機動力の高い脱着装置付きコンテナ専用車を使用して移動・設置を行うことで、設置場所までの道のりが悪路であっても移動が可能です。また、設置作業にはクレーン車を必要とせず、トラックから後方へスライドさせてそのまま設置が可能ですので、必要最低限のスペースで作業が行えます。設置後の移動も容易に行えるので移動頻度が高くなりそうな場合は移動式マルチオフグリッドコンテナBOXがピッタリ。『移動』がキーワードとなる場合にオフグリッドボックスの機動力が役立ちます。

オフグリッドとの併用

オフグリッドシステムの装備で
唯一無二の本領を発揮

電力会社の電力網に頼ることがない自家発電システム(オフグリッドシステム『TRANSHOME i』)を標準で装備しており、自家発電による電力供給が可能で、脱炭素化(CO2削減)の環境対策となる上、非常時における電力供給が可能となります。このことにより、電源が確保できない場所でも電化製品の使用が可能となります。標準で装備しているエアコン&換気扇の他にも、冷蔵庫・照明などの一般家庭で使用する電化製品を設置してもそのまま使うことができるので、電力インフラが整備されていない場所で本領が発揮できます。

建築物には該当しない

建築物に該当しない

『随時かつ任意に移動ができるよう土地に定着させず、床面積が10㎡以下』の条件を満たせば不動産となる建築物に該当しません。(設置場所の自治体により対応が異なります。)
移動式マルチオフグリッドコンテナBOXは建築物ではないので建築確認取得が不要で、コストを抑えることができるメリットがあり、長期的に考えて大変お得です。設置後の費用がかからないので、その分をデザインの拘りに使ったり、カスタマイズにかけることも可能です。

設置の様子簡単&スピーディに設置可能な移動式脱着型

設置の様子その1

産廃トラックに積載されたコンテナBOXがトラックのアームにより後方へスライドを開始します。

設置の様子その2

まずは車輪が地面に接地。ここから更にトラックのアームは下がり、コンテナBOXが地面に接地します。

設置の様子その3

わずか数分で設置が完了。クレーンで釣り上げる必要がないので、狭い場所でも設置可能です。

移動式マルチオフグリッドコンテナBOXの用途電力が必要なシーンで本領を発揮

オフグリッドハウスの用途
  • 工事現場の事務所
  • 現場作業員休憩所
  • 病院の隔離診療室
  • 防災備品倉庫
  • 選挙事務所
  • 店舗・レジャー用途
  • 山小屋・海の家 など

標準装備最低限必要なものは標準で装備

自家発電システムオフグリッドシステム「トランスホームワン」標準装備
エアコンオフグリッドボックスのサイズに合わせたエアコンを装備
換気扇使用目的に応じて、サイズ・能力の違う換気扇を装備
バッテリー高品質バッテリーを装備。
○大容量:7.68kwh(1.28kwh×6個)
○長寿命:1C DOD100%→2000サイクル
○安全性:リン酸鉄リチウム蓄電システムを使用することで、発熱を低減し熱暴走が起きません。
バッテリー残量計バッテリーの使用状況をいつでも確認できます。
車輪鉄製車輪を標準装備しています。(ゴム製車輪はオプション設定)

カスタマイズ自由自在な拡張性の高さ

システム設計○ソーラーパネル枚数
○蓄電池容量
○インバータ出力
設  備○トイレ
○シャワー
○ドア・窓の位置と枚数
○wi-fi
外  殻スペースとして約10㎡〜の外殻が選択可能です。
○海上コンテナ(12ft、16ft)
○トレーラー
○プレハブ

※内装・設備は別途料金
※オプション・変動ギミック・構造・仕様内容により卸価格は変わります。